看護師の転職における履歴書の注意事項

就職や転職する時は、まず履歴書を提出することになります。 これまでアルバイトも含め、何通も履歴書を書いたことがあるから 慣れていると自信を持っている人もいるでしょう。

でも就職・転職の際、あなたの存在を最初に確認するのが履歴書を 通してになりますから、履歴書は最新の注意を払って作成しなければ なりません。

誰の履歴書を見ても同じ項目が記入されているから、たいして違いは ないだろうと思うかもしれませんが、採用担当者が見ると、性格や 人柄などさまざまなことが分かってしまうようです。

とくに常識がない人や、履歴書から熱意をまったく感じられないような 場合は、面接の前に履歴書で不採用になってしまうこともあります。 ですから手抜きをせず、誠意をこめて作成することが、採用されるための 近道になります。 これから説明することはごく基本的なことですが、意外にできていない 人が多いので、もう一度チェックしておきましょう。

まず、履歴書は手書きの場合とパソコンで作成して印刷したものを 提出する場合があります。最近はパソコンで作る人も増えているようですが、 まだまだ手書きで作成する人が多いのが現状です。

手書きの場合は一字一字丁寧な字で書くことはもちろん、もし途中で 間違えてしまった場合は修正液などを使わずに最初から書き直すことが 大切です。 黒のボールペンや黒インクのペンを使い、文字がかすれたりしないように しましょう。

志望動機も、どの勤務先にも通用するようなありきたりのものではなく、 その企業・病院のどんな特徴にひかれて応募したのかなど、やる気が きちんと伝わるような内容にしておいた方が良いでしょう。

定型文を他の履歴書にも使い回しているように思われると、先方に 不快な思いをさせてしまうおそれがあります。 それから履歴書に添付する写真も重要です。ぼやけた写真や、表情が暗く 疲れているように見えるものはあまり良い印象を与えません。 背筋を伸ばし、ややあごを引いて、良い表情で写真に写るようにしましょう。

ページの先頭へ