看護師復帰のためのさまざまなサポート

看護師という仕事は一度休職したあとでも比較的復職しやすい職業だといえます。全国的に看護師不足の状態が長く続いていますし、年齢を重ねて経験豊かになれば、ヒューマンスキルをいかして働くこともできるからです。

でも現代は世の中の進歩も早く、仕事をしないでいる間にどんどんIT化が 進んだり、医療機器も進歩してしまいます。 同じ職場に復帰するとしても、仕事のやり方が大きく変わっていたり、 病院の体制が変化していることも考えられます。 そのため看護師の仕事に復職したいと思いながらも二の足を踏んでいる 人も多数いるようです。

看護師の資格を持ちながら実際には働いていない人を潜在看護師といいますが、 今はこの数が非常に多くなっています。 この潜在看護師を職場復帰させることができれば、看護師不足も少しは解消 するかもしれないので、休職していた人を現場復帰させる試みが行われています。

たとえば病院や大学などで行われている復職支援セミナーがあります。 ブランクがあって看護師の仕事に復帰するのが不安という元看護師のために、 講義や教育をしてくれるプログラムです。

セミナーを受けたからといってすぐに働かなければならないわけではなく、 現役時代の勘を取り戻したり、最新の医療についての知識を得るための 良い機会になると思います。

看護師不足解消のために厚生労働省もさまざまな取り組みをしています。 看護師が就職や転職を行う際に職場を紹介するナースバンクというサービスが ありますが、ここも厚生労働省の認可を受けて運営しています。 また民間では看護師転職支援サイトなどでも復職セミナーを開催したり、 不安を感じている元看護師が相談できる場を設けたりしています。

こうしたさまざまなサポートを受ければ、ブランクがあったとしても 復職することは難しいことではありません。 もちろん休職していた期間を取り戻す努力は必要ですが、自分一人だけで 頑張る必要はないのです。

せっかく取得した資格ですし、眠らせておくのはもったいないですから、 こうしたサポートを利用して、多くの方に職場復帰を目指していただきたいと 思います。

ページの先頭へ