看護師の転職回数が多いと不利?

どんな職業でも、あまりに何度も転職を繰り返していると、仕事が長続きしない人だと判断されてしまう恐れがあります。看護師の場合はどうなのでしょうか?

他の職業と看護師の違いは、看護師はかなり人手不足だということです。 看護師の資格を持っている人なら、ブランクがある人でも、お子さんが まだ小さい人でも、なんとか採用したいと考える病院もあります。 そのため、看護師の側も退職してもすぐ次の勤務先が見つかるだろうと 安易に考えてしまう場合があるようです。

確かに他の業界と比べ、看護師の求人倍率は高いものがあり、 仕事を探している看護師は有利な状況におかれています。 ですがそれに甘んじてちょっとした不満をきっかけに退職していては、 転職時に不利になることもあります。

看護師を募集している病院はたくさんありますが、その中でも 給与が高かったり勤務条件が良いところにはたくさんの応募者が 集まります。 その中に短い期間に何度も転職を繰り返している応募者がいたら、 転職回数を理由に敬遠されてしまうこともあるでしょう。

良い条件の職場で不採用が続くと、転職活動中に焦りが生まれて きます。早く決めなきゃと思うあまり、条件に目をつぶって 自分に合わない職場を選ばざるを得ないこともあります。

そうすると、また仕事がイヤになって、退職を考えてしまう・・・ そんな悪循環にはまってしまうかもしれないのです。 どれくらいの転職回数ならいいのかを断言するのは難しいですが、 例えば一年もたたないうちに退職することを何度か繰り返すようでは 採用する側の気持ちとしては厳しいものになるでしょう。

もちろん毎回の転職にきちんとした理由があり、しっかりした 人物だと認められれば、転職が成功する可能性もあります。 大切なのは、看護師はすぐ次が決まると思い込んで、簡単に 退職を考えてはいけないということです。

転職回数が1回か2回程度であり、退職理由が納得できるものであれば、 採用担当者はさほど気にしないはずです。 看護師として働き続ける気持ちがあるなら、転職回数をあまり 増やさないように気をつけましょう。

ページの先頭へ