オペ室看護師に求められるスキルとは?

オペ室(手術室)看護師への転職について

オペ室看護師の仕事は、手術する医師のサポートです。スムーズに医師が手術を進めるためには、看護師の手助けが必要です。

オペ室での業務内容は、まずは手術に必要な器械や器材の準備をすることから始めます。器械は医師が使いやすい場所にセットし、オペで使用されるメスなど、医師の指示に従って迅速に渡せるように準備します。

手術は、患者さんの体力に負担がかかりますから、1秒たりとも無駄にすることはできません。そのためには、医師の技術も重要ですが、サポートする看護師も充分なスキルを持ち合わせていなければ、手術にあたるチームの一員としての役割を果たすことは困難です。

ですから、看護師としてのスキルなど医師から認められなければ、オペ室の准看護師求人への応募は厳しいでしょう。又、オペ中は医師の集中を欠くような言動は控える必要がありますから、事前に手術の流れを頭にいれておき、医師の指示通りの器材を素早く手渡せることがオペ室の看護師には求められます。

その他にも、看護師の役割は色々あります。麻酔を打つ麻酔科の医師に、麻酔の準備をして渡したり、オペ中に患者さんの体位を変えるのも看護師の仕事です。長時間の手術の際は、患者さんが同じ体勢のままでは神経を圧迫する危険性がありますので、それを避けるために体位を変えます。

又、オペ中の出血量のチェックや、万が一の輸血の準備も看護師の仕事です。 実際に執刀する医師は勿論大変ですが、医師の傍でサポートする看護師も大変な仕事になります。医師と同様に、オペ中は集中力を保たねばなりません。強い精神力と根気のいる仕事になります。

オペ室の看護師を希望するならば、ネット上にある看護師専門の転職サイトをご利用されてみるといいでしょう。オペ室の看護師の求人は多くはありませんので、個人で探すには難しいと思います。看護師専門の転職サイトには、一般公開されていない求人情報もありますし、求人案件自体が多いので、探しやすいでしょう。

又、専門コンサルタントが担当してくれますので、実際のオペ室勤務の看護師事情についても詳細に説明してくれるでしょう。そして希望条件で探してもらうことも可能です。
富山県看護協会

看護師、転職支援サイトの利用が向いている人

看護師が転職先を探す際には様々な方法があります。 その中でも利用者が多いのは転職支援サイトなのですが、全ての人にこの方法が向いているというわけではありません。

そこで、どういった人に転職支援サイトの利用が向いているのかご紹介しましょう。まず、働きながら転職先を探したいという人です。この場合、勤務の合間や休日を利用して情報を探さなければなりませんよね。そうするとどうしても手に入る情報量が限られてしまうのです。

他にも、自分で面接の日程調整を行うのが難しいという場合も転職支援サイトを利用してコンサルタントの力を借りたほうがいいでしょう。

インターネット上ではたくさんの求人情報を見つけることができますが、あまりにも情報が多すぎてどこを選べばいいのか迷ってしまうこともあるはずです。

転職支援サイトを利用すればその中から自分に最も適していると思われる情報を提供してもらえるので、一つ一つ情報をチェックしていく手間を省くことができます。

次に、希望する条件は決まっているけれども、具体的にどのような職場を選べばいいのか分からないという方も転職支援サイトを利用しましょう。

看護師という資格を活かして働ける職場はたくさんありますが、自分の能力や経験を活かせる職場というのは人によって違います。

求人情報を比較しただけではそういったことがわかりにくいですが、転職支援サイトを利用すれば様々な情報を持ったコンサルタントの方が協力してくれるので、理想の職場探しができるでしょう。

逆に転職支援サイトの利用がおすすめできない人は次の通りです。まず、転職をする気はあるものの、すぐに退職する気がないという方。

転職支援サイトでは本気で転職しようと思っている方に対して情報を開示しているため、転職を前向きに考えていない方に紹介できる情報はありません。

いつか転職をする際の参考にしたいということで転職支援サイトの利用を考えている方もいるかもしれませんが、こういった方はその他の情報サイトを活用しましょう。

看護師、転職支援サイトには何を聞けばいい?

看護師が転職をする際に力になってくれるのが転職支援サイトです。 しかし、転職支援サイトから紹介された求人に対し、言われたままに応募するというのは避けたほうがいいでしょう。

必ず事前にいくつか質問をし、自分にとって理想的な職場であるということが判断できた場合に応募をしましょう。

そうしないと面接を受けてみたけれどなんとなく条件と違う、希望と違う、といったケースが増えてしまいます。面接回数だけが積み重なっていくこともあるので注意が必要です。

転職支援サイトに確認しておきたことはいくつかあるのですが、採用人数と離職者の数については確認しておいたほうがいいでしょう。

例えば、年間の採用人数が10人であるものの、離職者は年間12人という病院があったとします。 そのような病院に転職してしまった場合、採用人数よりも離職者が多いためどうしても仕事内容がハードになってしまうのです。

どんどん周りの人達が退職してしまい、毎日残業をすることになってしまったというケースも考えられます。

次に、その病院は長く安定して働けるのか?ということもチェックしておきましょう。 例えば、ベッド稼働率が非常に低い病院の場合、仕事は忙しくなく働きやすいかもしれませんが、倒産の危険性があります。

倒産まではいかなかったとしても、賞与が大幅に少なくなってしまう危険性もあるため、注意しなければなりません。

他には残業があるかどうかということも質問しておきたいですね。時期によって残業が発生することもありますが、慢性的に人手が足りていない病院では毎日残業をするのが当たり前というケースもあります。

しかもそういった場合はサービス残業扱いになってしまうこともあるので、コンサルタントに確認しておきましょう。

最後に、休日に関することも必ず質問しておいたほうがいいです。求人情報にも休日は書かれていますが、実際に就職してみると求人情報に掲載されていたのとは全く違う場合もあります。 有給の消化率や休日出勤についても確認しておきましょう。