オペ室看護師に求められるスキルとは?

オペ室(手術室)看護師への転職について

オペ室看護師の仕事は、手術する医師のサポートです。スムーズに医師が手術を進めるためには、看護師の手助けが必要です。

オペ室での業務内容は、まずは手術に必要な器械や器材の準備をすることから始めます。器械は医師が使いやすい場所にセットし、オペで使用されるメスなど、医師の指示に従って迅速に渡せるように準備します。

手術は、患者さんの体力に負担がかかりますから、1秒たりとも無駄にすることはできません。そのためには、医師の技術も重要ですが、サポートする看護師も充分なスキルを持ち合わせていなければ、手術にあたるチームの一員としての役割を果たすことは困難です。

ですから、看護師としてのスキルなど医師から認められなければ、オペ室の看護師にはなれないでしょう。又、オペ中は医師の集中を欠くような言動は控える必要がありますから、事前に手術の流れを頭にいれておき、医師の指示通りの器材を素早く手渡せることがオペ室の看護師には求められます。

その他にも、看護師の役割は色々あります。麻酔を打つ麻酔科の医師に、麻酔の準備をして渡したり、オペ中に患者さんの体位を変えるのも看護師の仕事です。長時間の手術の際は、患者さんが同じ体勢のままでは神経を圧迫する危険性がありますので、それを避けるために体位を変えます。

又、オペ中の出血量のチェックや、万が一の輸血の準備も看護師の仕事です。 実際に執刀する医師は勿論大変ですが、医師の傍でサポートする看護師も大変な仕事になります。医師と同様に、オペ中は集中力を保たねばなりません。強い精神力と根気のいる仕事になります。

オペ室の看護師を希望するならば、ネット上にある看護師専門の転職サイトをご利用されてみるといいでしょう。オペ室の看護師の求人は多くはありませんので、個人で探すには難しいと思います。看護師専門の転職サイトには、一般公開されていない求人情報もありますし、求人案件自体が多いので、探しやすいでしょう。

又、専門コンサルタントが担当してくれますので、実際のオペ室勤務の看護師事情についても詳細に説明してくれるでしょう。そして希望条件で探してもらうことも可能です。
富山県看護協会